収益
ライフサイクル管理とは何ですか?

servicesource

収益ライフサイクル管理とはのようなものです。

顧客に毎年戻って来てもらえるように、 貴社と顧客の結び付きを強めるためのベストプラクティスを示すプロセスです。

収益ライフサイクル管理(RLM:Revenue Lifecycle Management)とは、製品でも、技術でも、 成果でもありません。RLMは貴社のビジネスを分析し、貴社のデータを文脈の中で解釈し、貴社固有の「フィンガープリント(状況) 」に合わせた顧客エンゲージメントの指示計画を作成するため、全体的なアプローチを提供します。RLMこそが、顧客維持率と収益成長率を継続的に向上させる唯一かつ確実な方程式です。

収益ライフサイクル管理の旅

収益ライフサイクルを見ることから始まります。 既存顧客からの収益をどのように維持し、拡大させていますか?

収益ライフサイクル

次に自社ビジネスを分析し、正確にベンチマーキングして、次の点を把握する必要があります。

  1. 顧客データの有用性、正確さ、ならびに背景に関する問題
  2. これらの課題に取り組むために、技術がどのくらい効果的に用いられているか
  3. 顧客と市場をどのように区分しているか
  4. 現在の普及、アップセル、維持、更新の度合い
収益ライフサイクル

この図は貴社の 収益ライフサイクルの成熟度 (収益ライフサイクルへの取り組み方が いかに洗練されているか)を示します。現在の成熟度レベルに合わせて適切な計画を立て、 適切な行動を促進して、適切な評価基準を設けることができます。

収益ライフサイクル

そして、以下の要素の改善を通して、貴社の収益ライフサイクルの成熟度を高めるための調整されたプログラムと技術を導入できます。

収益ライフサイクル

収益ライフサイクルのすべての領域を改善するにあたって、次の点を徹底する必要があります。

  • データが正しいこと(顧客、サブスクリプション、ユーザー、使用状況、サポートなど)
  • データに背景情報を持たせること(正規化、細かい区分、他の関連データとの相関付け)
  • ソリューションがデータを活用して具体的な行動を指示すること(具体的な営業の駆け引き、優先順位付け、自動化)
収益ライフサイクル

自社の進捗状況を正確に測定すると、継続的改善を推進することができ、より高い調査によると

企業が成熟度レベルを一つ上げるごとに、顧客更新率が7.9%上昇します!*

B2Bソフトウェア、SaaS、技術、ならびにライフサイエンスのグローバル企業25社を対象とした、収益ライフサイクルの成熟度と結果に関する2015年の調査に基づく。

収益ライフサイクル管理の3原則

お問合せ

 

当社のサービスに満足されたお客様の一例

ServiceSource customer: Microsoft
ServiceSource customer: VMWare
ServiceSource customer: NetApp
ServiceSource customer: Siemens
ServiceSource customer: SalesForce
ServiceSource customer: BT